【コラム】キルト職人奮闘記 VOL.2

キルト職人奮闘記 VOL.2

IMG_3259

アサヒに入社して丸15年。今16年目を過ごしている。前の新卒で入った会社には11年いた。仕事は忙しく、ほぼ毎日残業で帰宅が深夜になることもたびたびあった。でも、楽しいことの方が多かった。同期入社は50人で同期も同期以外も皆仲が良かった。海外旅行にも3回連れて行ってもらった。11年続いた理由がその中に見えてくるだろう。

では、アサヒで15年続けてこれた理由はどこにあるだろうかと考えてみた。もともとミシン作業は好きだった。中学生のころ、学校にもっていくサブバックを自宅のミシンで作った記憶もある。ミシンは好きだが、アサヒの募集を見た時に、申し込むのに少しためらいもあった。なぜなら、工業用のミシンを扱ったことがなく、出来るか不安があったからだ。でも入ってみるとすぐに不安は消えた。ベテラン先輩方が親切丁寧に教えてくれた。今では家庭用ミシンより工業用ミシンの方が扱いやすいと思う。あのころに比べたら自分自身の技術も少しは進歩しているのではないだろうか。日常生活にも役立っている気がする。

年齢を重ねるにつれ、環境も変わってくる。女性は特に結婚や出産など、仕事をやるうえで影響を受けやすい。その点で私は恵まれた環境にあったかもしれない。私はアサヒに入社してから出産を経験した。アサヒ創業以来2人目の育児休暇取得者だった。新聞などでよく目にするが、世間では育児休業を取得した後、元のように職場復帰できない会社もあるようだ。私は特に問題もなく育児休業に入ることができ、1年後の休み明けも以前と同じように仕事に戻ることができた。周りの人たちも変わらずに受け入れてくれた。ありがたい事だなと思う。また、小さい子供を預けて仕事をやるということは大変なことだけれども、アサヒは子供の急な体調不良や学校行事での休みにも柔軟に対応してくれる。これらのことが15年続けてこれた理由にあるのではないだろうか。

女性は特に長い人生の中、生活環境の変化により、仕事をやるうえで求めるものも変わってくるのかなと感じている。若い独身時代は、仕事は大変でも楽しければよかったが、母親となった今は、子供や家族、主婦業が仕事をやるうえで大きくのしかかってくる。アサヒという会社は、そのような点で働きやすいのかもしれない。

私は今、マットレスカバーの仕事を任されている。なかなか根気のいる仕事だが、大変な分出来上がったときの達成感はある。先のことはわからないが、今は任されている以上、お客様に自信をもって出せる商品づくりを心掛けていきたい!

キルト職人 E・Y さん