繁忙期生産について

アサヒの繁忙期は引っ越しシーズンの前に始まります。繁忙期の生産量は通常期に比べ3倍以上!業務にあたる従業員にもピリピリとした緊張感があります。しかし、モノづくりの原動力である「お客様のニーズに何としてでも応えたい」という熱意が皆を駆り立て、この激動の時期を乗り越えさせるのだとおもいます。

3

アサヒのJキルトファクトリーには、老若男女様々な従業員がいますが、年齢層が織りなす絶妙なバランスが業務の円滑化には欠かせないもの。馬力のある若い世代がバタバタと業務をこなすすぐ隣で、目配り気配りの効く年配者が丁寧な仕上げを行う。アサヒのモノづくりは、このようなそれぞれの持ち味を生かした、異なる個性が一体となった現場で、一つ一つの商品が生み出されて行くのです。